「なぜ、そんな態度?」二度の流産にも無関心な夫。ついに感情が爆発!

 

妊娠を告げたときも、二度の流産を告げたときも、夫の反応はいつも他人事。「この人との結婚は間違っていたかもしれない」。そう思ったのですが……。

 

妊娠を告げた私に夫がかけた言葉「頑張って」

1人目を出産してから1年9カ月後、2人目の妊娠がわかりました。27歳のときです。夫に報告すると、ただひと言「頑張って」。

 

もともと喜びを表に出すことは少ない人ですが、それにしたってあまりにも他人事のようなセリフです。子育てにも非協力的で、ほとんど私のワンオペ育児。私には、夫が妊娠にも育児にもまったく関心がないように見えました。

 

その後、残念なことにおなかの子は流産。その後、再び妊娠するもまた流産してしまい、私は悲しいというより「おなかの子に申し訳ない」という気持ちが強く、おなかの子を失った虚無感も相まって、どうしようもない心理状態に陥ってしまいました。
 

二度の流産にも無関心な夫。ついに感情が爆発!

流産したことを夫に伝えると、夫は落ち込む私に寄り添うどころか、急ぎの用事が入っているからといって、そちらを優先し、出かけようとしました。そのとき私は「なんでこんな人と結婚してしまったんだろう」という思いと、妊娠報告のときのぞんざいな扱いの件もあって、ついに感情が爆発! 出かけようとする夫を呼び止めました。

 

「妊娠を告げたところで、あなたの体に変化があるわけでもないし、おなかに新しい命が宿っている感覚があるわけでもないから、気持ちをわかってとは言わない。でも、相手の気持ちに寄り添うことはできるはずでしょ。私は2回続けて流産したの。だから次に妊娠するのが怖い。そして、あなたが寄り添ってくれないことが何より悲しいの!」

 

そう夫に訴えながら、私は涙がボロボロと出てきてしまいました。

 

想いを伝えたことで夫にも少しずつ変化が…

そして4度目の妊娠。安定期に入るまで、また流産するのではないかという不安と、つわりによるひどい吐き気でつらかったのですが、おなかの子はしっかり育ってくれて、無事に出産することができました。

 

そして、夫はというと、私の涙ながらの訴えが効いたのか、少しずつ育児に参加するようになり、家事も手伝ってくれるようになりました。

 

一番驚いたのが、夫が私に休日をつくってくれたこと。といっても半日ではありますが、それでも子ども2人の世話をひとりでみるなんて、以前の夫であれば考えられません。そもそも私に休日をつくるなんて発想すらなかったでしょう。

 

やればできるんだから、1人目のときからしてほしかった、というのが正直な気持ち。でも、今現在の夫が、育児や家事に対して他人事ではなくなったのはうれしく思っています。

 

この一件で改めて感じたのは、きちんと言葉にして相手に伝えることは大切なのだと改いうこと。「わかってもらえないから」と黙ったままでいたら、私はきっと今でもひとりで子育ても家事もしていたことでしょう。

 

一生を一緒に過ごしたい。そう思えた相手だからこそ結婚したのです。2人で育児や家事をフォローし合いながら夫婦から家族へとしっかり形を変えていき、同じ方向を向いて歩いて行けたらと思っています。
 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

文/たけりおさん


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事