二階建てのやぐら作製がいい感じに進んでると思ったら・・・取り返しのつかない事態になっていた!!

二階建てのやぐらを1人で作り、順調に進んでいたと思いきや、あちゃあ・・・と絶望する事態に。
その光景をとらえた1枚の写真が、反響を呼んでいます!

こんなはずじゃなかった・・・

投稿されたのは、Twitterユーザーの菊池♨️BBフィールド(@BB62021113)さん。「
やってもたーーー」と思わず叫びたくなる光景がこちらです。

なんと!脚立の間を木が通っていて、取り返しのつかない状況に・・・。

せっかくここまで作ってきたのに、これでは呆然としてしまいます。

この状況をどう打開したのかが気になるところですが、同様の質問が寄せられており、回答されていました。

さすがにこの状況で脚立はどうすることができませんよね・・・。
木が犠牲になったということです。うぅ・・・。

テンション高いとやりがち

この投稿に対しては、「気付いたときの辛さと来たら」と同情する声や、「暑い最中でテンション高いとやりがちですね」と共感する声など、多くの反響が寄せられていました。

こんな考え方もある!?

普通に考えれば木の方を処理しなければならない状況ですが、棚にしてしまえば?というアイディアや、脚立の方を切るという意見なども寄せられていました。

今回はやぐらを作っている最中の出来事でしたが、こういった事は生活の中での"あるある"ですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter((@BB62021113))

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事