5月生まれ男の子の名前ランキングTOP10

 

ベビーカレンダーは、2021年5月生まれの男の子5,517名を対象に、5月生まれの赤ちゃんの名づけトレンドを調査しました。2021年5月生まれの男の子に人気の名前TOP10をランキング形式でご紹介いたします。

 

5月生まれの男の子の名前では、新緑の季節である5月にピッタリの「碧」が人気急上昇! どんな名前がランクインしたのか、チェックしてみましょう!

 

1位 陽翔(主なよみ:はると、ひなと)

2019年、2020年と2年連続で名前ランキング3位にランクインした「陽翔(主なよみ:はると、ひなと)」。2021年4月に引き続き、5月も首位を獲得しました。あたたかな太陽を連想させる「陽」と、羽を大きく広げて飛び舞う様子を意味する「翔」を組み合わせた名前です。

 

あたたかい陽気の青空の中、空高く羽ばたくような爽やかさがあり、過ごしやすい気候のこの時期にぴったりの名前ですね。

 

2位 碧(主なよみ:あおい、あお)

2019年名前ランキング35位、2020年19位と近年徐々に人気が高まっている「碧(主なよみ:あおい、あお)」。月間ランキングでは2021年4月の21位から大きく順位を上げ、5月は2位を獲得。

 

「碧」は自然の生み出す美しい青緑色を意味することから、新緑の季節である5月生まれらしい名前ですね。神秘的でありながらも、どことなく自然界の力強さを感じさせるようです。

 

3位 蓮(主なよみ:れん)

2018年、2019年、2020年と3年連続で名前ランキング首位を獲得している「蓮(主なよみ:れん)」。「蓮」という漢字から、大人気アニメ『鬼滅の刃』の主題歌である「紅蓮華」を思いうかべる方も多いのではないでしょうか。

 

「蓮」は蓮(はす)の花を意味し、泥水の中から育ち美しい花を咲かせることから、周囲に染まらない清らかさを感じさせるような名前です。

 

 

4位 悠真(主なよみ:ゆうま、はるま)

「悠真(主なよみ:ゆうま、はるま)」は2019年名前ランキングでは6位、2020年では7位にランクイン。遥か遠くのんびりしている様子を意味する「悠」に、真面目で誠実な印象を受ける「真」を組み合わせた名前です。「はるま」は2020年のよみランキングでは32位、「ゆうま」は26位にランクインしています。

 

「誠実にのびのびと育ってほしい」「真面目で落ち着いた人になってほしい」という想いが感じられるようですね。

 

5位 蒼 (主なよみ:あおい、あお)

2019年名前ランキング8位から2020年は2位へと大きくランクアップした注目の名前、「蒼 (主なよみ:あおい、あお)」。草木が生い茂る様子を意味する「蒼」は、緑がぐんぐん成長するこの時期にぴったりの名前。

 

「植物が生い茂るよう、すくすくと成長してほしい」という想いが感じられるようです。明るくおおらかな印象を持つ「あ行ネーム」のひとつでもあります。

 

6位 伊織(主なよみ:いおり)

2019年名前ランキングでは21位、2020年は18位にランクインした「伊織(主なよみ:いおり)」。

 

賢くてオシャレなイメージの「伊」に、細やかな模様が織り込まれたやわらかな絹織物を表す「織」を組み合わせた名前で、「人に優しく細やかな気遣いのできる人になってほしい」という願いを込めて名づけても素敵ですね。

 

 

6位 颯(主なよみ:はやて、そう)

2019年名前ランキングでは19位、2020年は26位にランクインした「颯(主なよみ:はやて、そう)」。「颯」は風がさっと吹くさまを意味し、きびきびした動きを連想させる漢字で、2020年の漢字ランキング11位にランクインしています。

 

「物事に深くこだわらず、爽やかな印象の人になりますように」という願いを込めて名づけてもいいですね。きりりとしたイメージで好感度が高く、男らしい「一文字ネーム」のひとつでもあります。

 

8位 樹(主なよみ:いつき、たつき)

2019年、2020年と2年連続で名前ランキング4位にランクインした「樹(主なよみ:いつき、たつき)」。

 

「樹」という漢字はその字の通り「生えている木」を意味し、「大樹」「樹木」「樹林」など、木々が生い茂る様子をイメージするようですね。2020年の漢字ランキングでも18位にランクインしています。

 

8位 悠人(主なよみ:ゆうと、はると)

本ランキング4位の「悠真」と同じく、「悠」を用いた「悠人(主なよみ:ゆうと、はると)」。スケールの大きな印象を受ける「悠」に、安定感のある「人」を用いた、「と止めネーム」でもあります。

 

「はると」は2019年、2020年と2年連続でよみランキング首位、優しい印象を受ける「ゆうと」は2020年のよみランキング6位と、どちらも人気のよみです。

 

8位 颯真(主なよみ:そうま、ふうま)

2019年名前ランキングでは16位、2020年は14位の「颯真(主なよみ:そうま、ふうま)」。「颯」は本ランキング6位にも登場し、爽やかなイメージで近年人気のある漢字です。

誠実で真面目な印象を受ける「真」と組み合わせることで、どことなく落ち着いた印象を受けるようです。

 

 

2021年5月生まれの男の子の名前では、「陽」「碧」「颯」など、新緑の季節をイメージさせる漢字や、爽やかな漢字を用いた名前が人気という結果になりました。これから男の子の名前を考えられる方は、ぜひ参考になさってくださいね。

 


<調査概要>
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方

調査期間:2021年5月1日(土)~2021年5月25日(火)
調査件数:10,807件(男の子:5,517件/女の子:5,290件)

 

文/福島絵梨子

今人気の名前は何?
最新の名前ランキングはこちら >


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事