Michikaさんは、中1、小3、小2の三姉妹の母です。しかし、40代になって久々に受けたという健康診断で、ある異常が判明。病気の判明から子宮を全摘するという決断・手術に至るまでをマンガにしてまとめていらっしゃいます。

 

「同じような病気で悩んでいる誰かのお役に立てれば」という気持ちで、描き始めたというMichikaさん。婦人科の病は、女性なら他人事とは思えませんね。

 

Michikaです。こちらは2020年末に子宮筋腫の治療で子宮を全摘出した体験を元に書き起こしたオリジナル漫画です。病気治療記と言っても、専門的な知識があるわけではない素人の主観的な記録です。実際に体調に不安のある方の治療のきっかけや不安の解消に繋がれば幸いではありますが、参考程度にしていただき、必要な方はちゃんと病院に行って診てもらってくださいね。

 

前回、貧血で受診した内科医から婦人科を受診するようにと、紹介状をもらった私。それまで婦人科系疾患とは無縁だった私は、ピンとこないまま、婦人科を受診しました。

 

「3人!?よく産めたわね!」医師の言葉に驚愕!/40代婦人科トラブル#7

 

「3人!?よく産めたわね!」医師の言葉に驚愕!/40代婦人科トラブル#7

 

「3人!?よく産めたわね!」医師の言葉に驚愕!/40代婦人科トラブル#7


「3人!?よく産めたわね!」医師の言葉に驚愕!/40代婦人科トラブル#7

 

「3人!?よく産めたわね!」医師の言葉に驚愕!/40代婦人科トラブル#7

 

「3人!?よく産めたわね!」医師の言葉に驚愕!/40代婦人科トラブル#7

 

「3人!?よく産めたわね!」医師の言葉に驚愕!/40代婦人科トラブル#7

 

圧子先生、言うことははっきり言うけど、温かくてやさしい先生でした。

 

子どもを授かるのも、元気に育ってくれているのも、すべて当たり前ではないんですよね。先生の言葉で改めて実感しました。

 

次回は、ある困っていた現象についても、圧子先生に相談してみました。

 

 

医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

※この漫画は実話に基づいた体験談であり、ベビーカレンダー編集部を通して、婦人科医の監修を受けた記事です。ただし、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


Michikaさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。

ぜひチェックしてみてくださいね!

 


著者:イラストレーター Michika

横浜に暮らす中1、小3、小2の三姉妹の母。ブログやInstagramで、漫画やイラストを描いてます。


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事