日本に住む人であれば、日常的に目にする漢字。
ですが、日本人でも馴染みのない漢字はいくつも存在するものです。

「竰」という漢字も、その中のひとつ。
じつは意外な読み方をする「竰」という文字について、今回はご紹介します!

(1)「竰」の読み方

今回ご紹介する「竰」という文字は、ほとんど見かけない漢字かもしれません。
じつはこの漢字、ある物事の「単位」を表す言葉なんです。

日常的にはあまり使用しない単位かもしれませんが、算数や数学、理科などの勉強で耳にしたことがあるかもしれませんね。

正解は「センチリットル」と読みます。
漢字で表記できること自体、初めて知った方も少なくないのでは?
(『広辞苑』より)

(2)「竰」の意味

「竰」は読み方通り、「センチリットル」という単位を意味します。
「センチリットル」とは「1リットルの1/100」を表す単位です。

じつは、「竰」の「立」の部分は「リットル」の当て字、「厘」は「1の1/100」を意味する漢字となっています。
カタカナ表記が一般的な単位も、漢字で表すことができるなんて興味深いですね。
(『広辞苑』より)

(3)「竰」以外の単位

「竰」以外にも、物事の単位はほとんど漢字で表記することができます。
「リットル」は「立」で表すとご紹介したように、「メートル」は「米」、「グラム」は「瓦」、「インチ」は「寸」などの漢字を用いて表現が可能です。

そのほかにも、12個をひとまとめとして考える「ダース」や、宝石の質量の単位である「カラット」にも漢字が割り当てられています。
(『広辞苑』より)

今回は、「竰」の読み方や意味について調べてみました。
単位を漢字で表現できるなんて、漢字の奥深さを感じたのではないでしょうか。

現在でも、「尺」や「里」など漢字で表記される単位があります。
ぜひ、併せて覚えておきましょう。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

“てつ”以外の読み方知ってる?難読漢字クイズ【鉄】ヒント:4文字です

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事