ワークウエアブランドらしく、機能性を取り揃えた商品が多いワークマン。
そんなワークマンから、新作のウォームジャケットが登場!

「マルチポケット」や「Wストレッチ生地」など、なんだか気になるキーワードが沢山…!
早速チェックしてみてくださいね♪

(1)大容量ポケット

出典:ワークマン様

まず、このジャケットは「マルチポケット」が備わっているのが大きなポイント。

いたるところにポケットがあるのは見た目からも伝わりますが、
公式HPによると、さまざまなものが収納できるとのこと。

内側の大型ムービングポケットには、大容量のペットボトルが収納できるようです。
そして、バックポケットにはタブレットも入るほど!

また、ファスナーつきのポケットまであるようなので、
鍵など小さくて無くしやすいものも収納しやすそう!

(2)ストレッチ生地

出典:ワークマン様

公式HPによると、表地と裏地ともにストレッチ素材を使用しているとのこと。
ストレッチがあれば、身軽に動けそうですね!

また、「しゃがんでも背中が出にくいサイクルカット」が施されているんだとか。
動いても隙間風が入ってくるのを防いでくれそう…!

(3)撥水

出典:ワークマン様

このジャケット最大のポイントとも言える「撥水・撥油・防汚」の加工。
冬のアウターは雪などから衣類を守るため撥水加工されているものが多いですが、このジャケットにはプラス撥油と防汚機能が備わっています。

どんなシーンでも、汚れや水などから守ってくれそうですね。
ただの撥水ではないようで、公式HPによるとフッ素樹脂加工がされているとのこと。

繊維のまわりに保護膜を作ることで、水や汚れなどを染みさせないようにしているようです。
これならバイクや自転車などを運転しているとき、知らない間につく汚れから守ってくれそうですね。

ユーザーレビューには「釣りに行く時に着ようと思ったが普段着でも着たい」との声も。

ワークマン公式HPより、ユーティリティーウォームジャケットについてご紹介しました。
暖かいだけではなく、快適に身動きできることも考えられたジャケットではないでしょうか。

なくなる前に、ぜひワークマンに足を運んでみてくださいね。

(恋愛jp編集部)
※すべての商品情報・画像はWORKMAN様より許諾をいただいております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。
2021年12月7日現在

▶合わせて読みたい

「もう買った?」本格的な寒さに備えて!ワークマンの最強防寒ジャケット3選

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事