お姑さんから小言を言われるかと思うとお正月も帰省したくなくなっちゃう……
今回は、上から目線で嫌味を言う姑エピソードをご紹介します。

好みの問題です

お正月に義実家に行くとお餅メーカーで作ったお餅をお雑煮にして出してくださいますが私はお餅が大嫌い。

そのことを毎回やんわり伝えるのですが帰省中4回は出されます。
その度に「お嫁ちゃんはちゃんとしたお正月行事に触れてこなかったのね」と育ちをばかにされる始末です。

好き嫌いってものを理解してほしい。
(35歳/専業主婦)

下手ですいませんね!

いつも帰省した際には台所の手伝いには私は呼ばれません。
お客様だからと言って大事にしているようにみせて仲間外れにします。

それなのに私の娘には「お孫ちゃん、台所をお手伝いして〜」と台所に入れて色々と料理を手伝わせます。

その際に必ず「お孫ちゃんはお料理上手に作れるようにならないとね!お婆ちゃんの美味しさを受け継がないと」といいます。

私の料理が下手と遠回しに言っているのだと思います。
そして自分の料理には自信があるのでしょうね。
(50歳/専業主婦)

ほっとこ……

帰省中暇だったので冷蔵庫内をよく見たら傷んでいるものがいくつか見つかりました。
それを姑に見てもらおうと庫内から出しておいたら姑に「今捨てようと思っていたのに知らないとでも思っていたの?」と。

いやいや、野菜はどろどろに溶けているし油揚げも原形をとどめていないんですけど。
余計なことはしない方が良さそうです。
(51歳/会社員)

いかがでしたか

お姑さんの地雷を踏まないよう気を使うのも大変!
義実家のものは触らないのが吉かもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事