気軽に思いを伝えやすいLINEは、今やコミュニケーションツールとして必須アイテムとも言えるでしょう。
しかし目の前に相手がいないがゆえに、気が大きくなる方もいるようで…。

今回は、「しつこすぎる…ドン引きLINEエピソード」をご紹介します。

先輩に気に入られたために…

学生時代のアルバイト先で、先輩だった男性。
妻帯者でありながら、気に入った子にはめちゃくちゃアタックをかけることで有名な人でした。

私も幸か不幸かよく気にかけてもらっていました。
しかし職場でタイトルアップしたり、何かあるたびに、「またごはん行こうね。空いている日、必ず教えてね」といったLINEが頻繁に来るように…。

耐えられなくなり、友達にぴしゃっと断ってもらいました。
毎回とても気持ち悪かったです…。
(27歳/主婦)

体調が悪いと嘘をついていたら…

昨年まで派遣社員として教育機関で働いていました。
そこで、別の課の課長から気に入られてしまい、一度ご飯に行ってしまったがために頻繁に誘われるようになってしまいました。

そのため、返事を3回のうち1回しか送らないようにしたり、体調が悪いなどと嘘をついて断っていました。
しかし、本当に体調が悪いと思ったらしく、「自分の課に異動したら体調も治るだろうから、派遣会社に言ってみるよ!」とのLINEが!

「本当に体調が悪くなるわ…」と思い、ぞっとしました。
(35歳/派遣社員)

話し相手になるとは言ったけど…

付き合って数ヶ月の元恋人から、私がお風呂に入っていた時に来ていたLINEです。
「私の時間が空いているときは、いつでも話し相手になるからね」と言った、次の日のこと…。

元恋人「今空いてる??」
元恋人「話そ!」
元恋人「ねーねー」
元恋人「〇〇(名前)ー??」
元恋人「何してるのー??」
元恋人「おーーい」
元恋人「話そー!」
元恋人「ねーねー」

別れることを決意したドン引きLINEでした…。

(18歳/学生)

いかがでしたか

こちらの返信を待たず、催促のLINEが何通も来るとウンザリしそう…。
ドン引きLINEを受け取った時には、すぐに返信せず少し時間をおいた方がいいかもしれません。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「ふざけんじゃないわよ」真面目だと思っていた夫。ある日“見知らぬ女”を連れ込んでいて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事