夫の言動が原因で修羅場になった…、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“夫婦の修羅場エピソード”を4本、ご紹介します!

つわりで苦しむ私を横目に…

妊娠中、食べづわりと匂いづわり、吐き気がひどかった私。

安定期を超えても、つわりが残っていました。
毎日呼吸をするだけでも必死なくらい、とてもしんどい思いをしながら過ごす日々。

安定期を超えたころのある日。
つわりで瀕死状態になっている私を見ながら、旦那は匂いの対策もせず平然と食事をしていました。

そして、「前より匂いづわりはよくなっているでしょ」と一言。
吐き気をもよおしながら、ただ悶えることしか出来ませんでした…。

今、花粉症で苦しんでいる旦那に窓を開けて「換気するよ」と伝えると、「なんで!花粉症だからやめて!」とブチギレ。

しかし、つわりのことを伝えると「ごめんなさい」と謝罪してくれました。
症状は違いますが、苦しい気持ちを理解してくれたようです。
(27歳/主婦)

酔っぱらったときに…

掃除に洗濯、食事の用意もすべて私。
家事は一切しない、できない夫の話です。

酒に酔い、友人たちの前で「誰の金で飯食っていると思っているんだ」と、大声で言われました。
義父母、私の両親にそのことを伝え、「次に同じようなことを言ったら離婚する」と宣言しています。
(40代/主婦)

クレジットカードの見覚えのない請求は…

クレジットカードの請求が40万円きたことがあります。
身に覚えがないので明細を見ると、キャバクラらしき店の名前で30万円ほど使われていました。

旦那に聞いてみると、会社の付き合いでキャバクラへ行き、全員分まとめて支払いをしたとのこと。
「立場上まとめて支払うのは別にいいけど、回収したお金はどこにいったの!?」と、ブチギレました。
(29歳/会社員)

なにも手伝わず飲みに行く夫に…

子どもがまだ赤ちゃんだった時のころの話です。
夜中に泣くので寝不足で、それでも育児と家事をこなしてヘトヘトの日々。

しかし、夫は友人と飲みに行くなどしていて、まるで知らんぷりでした。
そのくせ「お前が甘やかしているからだ」などと、自分が気に入らないことがあるといちいち育児に口出し…。

「少し手伝ってほしい」と伝えると、「俺が飲みに行くことぐらいいいだろ、仕事してるんだから。育児はお前の仕事だから全部お前がやれ」と発言。
ついに私もプツンと切れてしまいました。

大喧嘩のあと、夫には「飲みに行ってもいいが育児も手伝う、一緒にやっていく」ということで、話が落ち着きました。
大喧嘩がなければ、いまだに夫は何も育児をしなかったと思います。
(41歳/専業主婦)

いかがでしたか

夫の信じられない言動の数々…。
グッと我慢するよりも、すぐに自分の気持ちを伝えた方が、結果的にいい方向に進むこともあるのかもしれませんね!

以上、思わず今後の夫婦関係を考え直した体験談でした。
次回の「夫婦の修羅場エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<家計もまともに管理できないダメ嫁>と罵るモラハラ夫が、実は…!?夫の浮気相手はまさかの“母親”

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事