就職するにあたり、避けては通れないのが就職活動。

服装や髪型、メイクまで「就活」にあったものをしなければならないという風潮がありますよね。

ある程度の身だしなみは大切ですが、「就活スタイル」の基準は一体誰が決めたのでしょうか……?

今回は、読者から寄せられた「就活でのモヤモヤ体験談」をご紹介します。

丸刈りを指摘され……

私は現在大学4年生で就職活動をしています。

しかし髪型が坊主というだけで、「丸刈りは印象が良くない」とキャリアセンターの方から注意を受けました。

「印象がよくないため」という理由でしたが、数社選考を受けたなかで髪型に触れられたことはありません。

「就活にふさわしい身だしなみで」などと情報サイトなどで目にしますが、参考程度にとどめておいて、自分に正直に進めていくことの大切さを改めて実感しました。
(22歳/大学生/男性)

信念を持つ大切さ

髪型は自己表現できるパーツの一つ。

身なりを整えることは大切ですが、就活だからといって自分の信念を無理矢理曲げる必要はないのかもしれません。

就活では見た目や身なりだけでなく、その人の中身を重要視しているはず。
自分の信念を持っているということは、とても素敵なことなのかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

【最低】「これに見覚えある?」娘の“進学費用”を使い込んだ証拠を夫に突き付けると…【まさか夫がパパ活なんて】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事