「こりゃたまらん」“勝手にWindows10騒動” MSは更新回避手順を動画で紹介

main
出典:twitter.com

「こりゃたまらん」「もはやウイルスだな」

「勝手にアップグレードされた」「風呂から出たらアップデート始まってるし」との声がネット上に多数寄せられるなど、マイクロソフトの「Windows10」のアップグレードをめぐる問題が話題となっています。


出典:twitter.com

無償アップグレードの仕組み変更が混乱を招いた

マイクロソフトが「Windows10」の提供をスタートしたのは2015年7月。それ以来、「Windows7」と「Windows8.1」の利用者に対しては、2016年7月29日までの期間限定で無償アップグレードを実施しています。

しかし、諸々の理由でアップグレードをしないままの利用者もいます。そうした場合には、「Windows10」への切り替えを促す通知が表示された際、ポップアップ右上の「×」をクリックするなどして、更新を回避できました。

5月13日に通知画面が変更された

しかし、切り替えを促す通知画面が5月13日に変更され、これが混乱を招く要因となりました。従来はアップグレードのタイミングは自身で決められるようになっていましたが、この変更により、画面に表示された日時に自動的に実行されるようになったのです。

(「×」をクリックしても、キャンセル扱いにならなくなった)
これまでの方法ではキャンセルとはならず、通知内にある「ここをクリックすると、スケジュールを変更、または予約をキャンセルできます」という部分をクリックし、自ら予約を取り消さなければならなくなりました。

マイクロソフトは、「Windows10への無料アップグレード特典が7月29日に期限切れとなるため、Windowsの最良バージョンへのアップグレードを手助けしたい」とし、「利用者がより簡単に更新できるようにした」と説明していました。

(この件に対して寄せられていた声)

・もはやウイルスとしか思えないですね!

・どれが最良かは、ユーザーが決めれば良い。半強制的にバージョンアップさせられては、たまったものではない。

・これってもうOSが良いものとか悪いかの問題では無く、やり方の問題。OSとして個人的に悪いとは思ってないが、やり方が強引で嫌悪感になってる。マイクロソフトはそれがわからなければユーザー数は今後減る事になる。

・そのトリックにひっかかりました、会社では、しないでほしいと注意あったのに。大目玉くらいました。

・PCのスペックの問題や、ソフトの対応の問題もあるのにこの仕打ちは酷すぎる。

・今アップグレードしてないユーザーは、その大半がアップグレードしなくて良いと判断したユーザーだろう。なんせ7のサポートはまだ4年弱あり、ある程度使ってきたマシンであれば概ねこの期間内に寿命を迎えることになるのだから。

マイクロソフトが、更新回避手順を動画で紹介

これらの騒動を受けてか、マイクロソフトサポートは5月21日、アップグレードが始まった後にキャンセルできる手順をまとめた動画を公開しました(22日には公式ツイッターを通じて告知)。※以下、動画から抜粋。

0_R

この段階でキャンセルは不可。アップグレードが終了するまでは待機。
1_R

「Windows10へようこそ!」の画面表示が出たら、「次へ」をクリック。
2_R

法的文書の承諾画面では「拒否」を選択する。
3_R

ポップアップ画面で再び「拒否」を選択する。
4_R
5_R

出典:mix.office.com

こちらが動画です。


出典:twitter.com

マイクロソフトの言い分も分かりますが、結果的に多くの混乱を招いたことも事実です。


出典:mix.office.com / news.livedoor.com


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事