「10円玉入れるんすか!」携帯電話が無い頃の待合せ方法に10代が驚愕の反応

main
出典:twitter.com

「10円玉入れるんすか!」「テレカっつーのがあったんですか!」

携帯電話が無かった頃の待ち合わせ方法。それを聞いた10代のリアクションがTwitterで話題となっているのでご紹介します!

こちらが話題の発端となった@nao_moriyamaさんのツイートです。


出典:twitter.com

カフェで隣の席の会話が聞こえてきたとのこと。その内容は、「携帯電話が無かった頃の待ち合わせ方法」についてだったようです。10代と思われる方が10円玉を入れる行為や、テレホンカードの存在に対して「マジすか!」を連発していて、かなり驚いてる様子が伝わってきます。

投稿者のツイートは続きます。


出典:twitter.com

確かにそうでした。一度家を出れば相手と連絡が取れないので、駅に伝言板などがありましたね。

今でも伝言板が存在する所はあります。


出典:twitter.com

(投稿者によるツイートの続き)


出典:twitter.com

「どうぶつの森」なんて上手いこと言いますね。

だからこそ、公衆電話の存在は欠かせませんでした。


出典:twitter.com

確かに今は、自分の気持ちをいつでもどこでも手軽に相手に送信できますが、相手に気持ちを伝える手段は手紙でしたね。

公衆電話の利用は年々減少の一途…

公衆電話の役割は、携帯電話の普及と共にその立場を奪われる形となり、需要・利用率も年々減少。利用率の低下は、当然売上の低下につながり、採算が合わなくなる公衆電話も増加。結果として設置台数も減らされつつあります。

gn-20160805-01_R
出典:www.garbagenews.net

(寄せられていた声)


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com

そのほかにも、「若い人は、公衆電話よりも伝言板の存在を知らない気がします。「野口がたくさんいたらどうする?」確かに疑問に思いますよね(笑)」「伝言板でコミュニケーション。相手が見ているのか分からないというドキドキ感がありますよね」「携帯電話の普及が進んでいるので、直接連絡を取れるのが当たり前の時代。好きな子の家に電話をする緊張感を知らないのではないでしょうか」などといった声が寄せられていました。

携帯電話が無かった時代… 例えば、好きな子の家に電話をする際は、コール音が鳴ってる間、ずっと心臓がドキドキしていたものです(本人が出るとは限りませんからね…)。今は便利な世の中ですが、携帯電話が無い時代だからこそ味わえた体験、気持ちもたくさんありましたね!


出典:www.garbagenews.net / twitter.com


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事