日本人はクレーマー?各国の警察・消防隊員等への一般人の対応が考えさせられる。

a1180_012545_R 日々、人々の命を守るためのお仕事をされている警察、消防、救急隊員などの方達に直接お世話になる機会はそんなに多くありません。ただ、いざそういう時が来たら、きっとほとんどの方はこの方たちに感謝の気持ちを抱くでしょう。

しかし、日常の場合には、自己中心的な考えになってしまい、他人のことは考えられず、クレーマーになってしまう。そんな人が日本には多いのではないか?と考えさせられてしまうツイートがTwitter上で話題となっています。

Twitterで各国の違いを書いたものが話題に

Twitterに投稿したのはTwitterユーザーで、現役のレスキュー隊員のインストラクター兼消防団員もされている”山と縄@R2”さん。
各国の対応の違いに考えさせられます。

このツイートは大きな反響を呼び様々な意見が寄せられています。

イギリスでは、ベッカムが救急隊員に暖かいコーヒーを差し入れ、アメリカでは現場にスタバが届き、香港では応援の横断幕が掲げられ、日本では、やっと飲めた缶コーヒーを車内で飲んでいたらクレームが入る。

これはどれも実際にあったことです。

他の国では称えられる人たちが、なぜか日本ではクレームを入れる人の立場の方が強くなってしまう傾向にあります。恐らく、クレームはほかの国でも一定数は入っているはずです。しかし、他国ではクレームを言う人よりも、称え尊敬を表す方の方が圧倒的に多いのでしょう。

日本の場合は、何とも思っていないという無関心な方が多いのではないでしょいうか?

”山と縄@R2”さんは、こうも仰っています。

こんな状況があることは知りませんでした。このような状況の中でも、みんなの命を守るために一生懸命に働いてくれている方々、もう少し日本でも称えられていい気がしますね。

恐らく、日本は人命救助や医療など、世界にも誇れる技術や設備のある国だと思います。なのに、そこに従事している方達はあまり評価されていない気がしてしまいますね。ほかの国との違いにちょっと考えさせられました。

悪い部分ばかりを突くのではなく、素晴らしい部分を称えられようになるといいですね!今回のツイートを見て、皆さんはどう思われましたか??


出典:twitter

1cats_R(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加