改正道路交通法開始から1年…自転車の危険行為 ワースト1位の都道府県は?

main 出典:YouTube

改正道路交通法開始から1年…自転車の危険行為に関する警視庁の報告内容が話題となっているのでご紹介します。

出典:twitter.com

悪質な自転車運転者に安全講習を義務付ける制度が昨年6月にスタート。以来、今年5月末までの1年間に、全国の警察が摘発し、警察庁に報告した信号無視などの「危険行為」は1万5131件、安全講習を受講した人は24人だったことが6月1日、同庁のまとめで分かりました。

「危険行為」に14の行為を指定

去年6月に施行された改正道路交通法では、自転車を運転する際の「危険行為」に信号無視や酒酔い運転など※14の行為を指定し、こうした行為で3年以内に2回以上検挙された人に対して、安全講習の受講が義務づけられました。

※14の危険行為についての詳細は、自転車運転中の「スマホ」も摘発対象?…6/1施行「改正道路交通法」とはをご参照ください。

PN20150601010 出典:fundo.jp


最も多かったのは、信号無視

「危険行為」のうち最も多かったのは、信号無視の6457件で、全体の42%を占めています。次いで、踏切が閉まっている時に無視して通行した違反が3884件、スマートフォンを操作しながら自転車を運転して事故を起こした場合などの安全運転の義務違反が1914件に上ったそうです。

都道府県別では大阪がワースト

都道府県別では大阪が5126件で最も多く、次いで東京が3581件、兵庫が2054件、神奈川が855件などとなっています。一方、福井は0件、長崎は1件、秋田や富山など5県が2件だったそうです。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


警察庁は信号無視などは重大な事故につながる危険な行為で、交通ルールを守って自転車を安全に運転してほしいとしています。近年はスマートフォンを操作しながらの運転とそれに伴う交通事故が増加しています。悲惨な事故を未然に防止するためにも、自転車の安全運転を心がけたいですね。



出典:www3.nhk.or.jp / www.nikkei.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加