9月23日は暦上最も縁起の良い「天赦日」と「一粒万倍日」が重なるプレミアムな吉日!

main_R 出典:street.camfortune.com


皆さんご存知でしたか!?

今年の9月23日は、暦上最も縁起の良いとされる「天赦日」に、何かを仕込むと何倍にもなって返ってくるという「一粒万倍日」という日が重なる超プレミアムな吉日なんです!!


“日本の暦の上で1番縁起がいい”とされる「天赦日」

初めてこの言葉を聞く方も多いのではないでしょうか?「てんしゃび」または「てんしゃにち」と読みます。天赦日は、年に5~6回しかない貴重な開運日で、日本の暦の上で最上の吉日とされており、新しく何かを始めたり、これまで躊躇していたことに挑戦するにはもってこいの日なのです。

CWJQ78fVAAAOIX5_R 出典:twitter.com


「天赦日(てんしゃにち、てんしゃび)」とは

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。

出典:ja.wikipedia.org


天赦日+その他の吉日が重なる日

2016年は天赦日に、その他の吉日が重なる日が計5日間あります(既に過ぎてしまった日も含めて)。以下の通りです。太字はこれから訪れる天赦日+その他の吉日が重なる日です。

2月26日(金)天赦日+寅の日
4月26日(火)天赦日+寅の日
7月11日(月)天赦日+一粒万倍日
9月23日(金)天赦日+一粒万倍日
12月8日(木)天赦日+一粒万倍日


直近の9月23日(金)を含め、今年中にあと2回残っていますね!


「一粒万倍日」とは

「一粒万倍」とは、その名の通り、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味。何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。但し、借金をしたり、人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされています。


c974da02560d211c947801a1c6b44a22_R 出典:blog.goo.ne.jp


天赦日に行うと良いとされること


・結婚、結納、入籍、慶事などの婚礼
・プロポーズ、告白
・出生届
・引っ越し
・開業
・財布の新調
・和解(ケンカの仲直り、トラブルの解決にも吉)
・今まで躊躇していた事を始める など


一粒万倍日に行うと良いとされること


・開業、事業の開始、投資
・仕事始め
・種まき
・お金の支出に関する事(出資・銀行口座の開設など)
・新しい開運財布を使い始める
・財布を購入する
・宝くじの購入
・結婚・お祝い事
・一粒万倍日に考えたアイデアは好結果につながる など


9月23日は「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる吉日中の吉日!この日を知らないというのは非常にもったいないです。ご家族、ご親戚、ご友人、同僚の方に是非教えてあげてください!



出典:fundo.jp / xn--qckua0a6400g8qf.net / ja.wikipedia.org

main_R
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加