この罪深き食べ物をご存知だろうか…豚の背脂でできた「ラルド」に思わず生唾

2019.4.8


皆さんは、「ラルド」という食べ物をご存知でしょうか。

ラルドとは、イタリア語で「豚の脂肪」という意味で、豚の背脂を塩漬けまたは燻製にした、いわゆる生ハムのような食べ物です。

そんな日本ではちょっぴり珍しい!?食べ物がTwitterで、「美味しそう」「カロリーも凄そう」と話題になっています!ミヤサカタカジ(@tkg0078)さんの投稿がこちら。



おぉ…なんともゴツい感じがしますね。白い脂の塊のようなものの上に、胡椒らしきものがかかっているのかなぁ?

ちなみにこちらの商品の名前は『ボッテガ・ディ・アド ラルド・ディ・コロンナータ』といって、イタリアにある大理石に囲まれた村、トスカーナ・コロンナータ村で作られたラルドなんですって。

そして名産である大理石の桶で約6ヶ月間熟成させることで、大理石に含まれる炭酸カルシウムによって脂身のコレステロールのほとんどを分解され、成分的にはほぼ植物性の脂肪と変わらないラルドになるのだとか。

どんな味なんだろう…?そう思っていたところ、ミヤサカさんが続けて解説をしてくれました。





そうですよね!絶対舌の上でいい感じに溶けますよね!はぁ、とっても美味しそう…

ワインとラルドで一杯…想像しただけでよだれが出ます。

ちなみにバケットに載せる以外にもこんな食べ方があるようです。


なるほど。スープに入れるのも美味しそうですね!ってか食べてみたい…

みなさんの中にも興味がある方がいるのではないでしょうか。Amazonでも購入することができるので、ぜひお試しあれ!

ラルドの購入はこちら! – Amazon

舌でとろける魅惑の味、じゅるり。。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@tkg0078) / amazon.co.jp

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加