辛さを分かち合い改善していこう。“みんなで生きやすい社会を築く上での大切な考え方”に多くの共感

2019.6.12


男女平等について日々議論がされ、みんなにとってより良い社会とは何だろうかと考えさせられる機会が増えました。

みんなが生きやすい社会を目指す中で大事なのは辛い方に合わせないことだと私は思います!「こっちも我慢しているからあっちも我慢させろ!」ではみんなが辛くなるだけですよね。

そんな中、Twitterユーザーの黒瀬 深(@Shin_kurose)さんが投稿したツイートに多くの反響が寄せられています。

みんなが生きやすい社会を築いていくには?


男女平等に関するSNS上での議論を見て、より良い社会を築く上で大事なことを説いています。


まさしくその通りですね。私もよくやってしまいますが、ついつい辛い自慢をしてしまいますよね…。

しかし、大事なのはその辛さをお互いに共有して改善していこうとすることですよね。どちらかに辛いことがあったとき、こっちも我慢しているんだからそっちも我慢しろ!ではなく、どっちも我慢しなくてよくなる道はないか?と考えることが大切だと思います。

Twitterには共感の声が多数


辛い方に合わせていたって物事は良くなっていきませんよね。みんなで意識して変えていかなくてはいけませんね!

まとめ


もちろん男女平等を目指していくのが理想ですが、現実問題なかなか難しいところはあります…。

平等という言葉を用いて辛い合戦するのではなく、みんなが生きやすい社会について考えなくてはいけませんね!そうした中で重要になっていくのはやっぱり相手を思いやる気持ちなのではないでしょうか。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Shin_kurose)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加