チンパンジーの握力が300kgて嘘?ホント?尋常じゃないチンパンジーの身体能力

2019.8.24


人間に最も近い動物チンパンジー。テレビや動物園でその姿はよく見かけると思います。ライオンやゾウなど大型の強そうな動物の影に隠れてしまっていますが、実はチンパンジーの筋力は凄いそうです。

嘘か真か300kgも握力があるともいわれるチンパンジーの身体能力を紹介します。






チンパンジーの能力


チンパンジーの握力は300Kg?

チンパンジーはセネガルやコンゴ民主共和国といったアフリカ大陸中央部に生息しています。分類学上は哺乳網霊長目直鼻亜目ヒト科チンパンジー属の類人猿です。人類とは6~800万年前までは同じ種の生物だったので、最も人間に近い生物といわれています!

人類に近しいとはいっても800万年もの間別々の進化をしてきましたので、見た目だけでなくあらゆる能力が別物となっています。例えばチンパンジーはナックルウォーキングという握り拳で地面を突き四足歩行をしますが、人類は直立二足歩行をしています。歩行方法だけが変わったわけではありません。

筋力も大幅に変わりました。例えば人間の握力は成人男性で45kgくらいが平均値になりますが、チンパンジーはなんと300kgの握力を有するといいます。なんと人間の6倍以上の数値になります。

”ほぼ”本当

ただ、人間のように握力を測る専用の機器がない為、正確な握力を計測したわけではありません。しかし、チンパンジーの筋力や、生態から推測される数値の為信憑性は高いようです。なので、チンパンジーの握力が300㎏あるというのは、ほぼ本当なのです!

コアラが1トンは嘘

似たような話で、コアラの握力は1トンあるという噂がありましたが、そちらはガセネタのようです。コアラの握力や他の動物の握力に関しては下記の記事をご覧ください!

コアラの握力が1トンというのは嘘?本当?動物握力ランキングも紹介!

チンパンジーの脅威の握力は木上生活のため?

チンパンジーがなぜそれほどの握力があるとされているのでしょうか。それは彼らチンパンジーが木上生活をしているためです。彼らは木の上で生活をし、木の上を移動することで食事もしています。

そのため木の枝にぶら下がったり、違う木へ飛び移ったり、また木の上を素早く移動するためにと非常に筋力が必要な生活をしています。そのため生きるのに必要な筋力として握力が強くなったと考えられています。

小さい時から体をぶら下げて過ごしているのが分かる動画を紹介します。赤ん坊というほどの大きさの時からこのように手の力だけで体を支えて過ごしていたら確かに握力は発達するというのもわかります!

動画はこちら







チンパンジーの能力


跳躍力が凄いチンパンジー

握力が凄いだけではありません。チンパンジーは木の上を素早く移動できるため脚力も強く、脚力は350kg、跳躍力は4mもあるといいます。

頭脳明晰なチンパンジー

チンパンジーは身体能力が優れているだけでなく、優れた知能を持っている事でも知られています。

こちらは京都大学霊長類研究所でチンパンジーの「アイ」が画面に表示された数字を小さい順にタッチしていくという動画です。数字を順番に覚えることができる頭を持っているというのは驚きです!

動画はこちら


実は凶暴なチンパンジー

優れた身体能力を持ち、秀でた頭脳を持っているチンパンジーですが、危険な動物という一面を持ちます。場合によっては人を襲うこともあるチンパンジーの凶暴な姿を紹介した記事がありますので併せてご覧ください。

チンパンジーが凶暴って本当?かわいいだけじゃないチンパンジーの一面!!

他の類人猿の握力


ゴリラ/500㎏


中央アフリカに生息しているゴリラは霊長類最大の体格を持っています。その体格に合わせて握力も500kgといわれる非常に高い握力を持っています。

一説によると地球上の全生物の中で一番握力がある動物がゴリラだそうです。あの屈強な肉体ならこの数字も納得です。ただ、チンパンジーとは真逆のいたって温厚な性格だそうです。

ゴリラが愛おしく思える!ゴリラの知られざる生態の図解が解りやすい。

オランウータン/300~500㎏?


インドネシアのスマトラ島北部とマレーシアのボルネオ島の熱帯雨林に生息しているオランウータンは「森の人」という意味を持ちます。ゴリラ同様の巨躯を持ち、握力は400~500kgあるとも、逆に350kg以上にはならないとも言われています。しかし握力が凄く発達しているのは確かなようです。個人的には、体格等からチンパンジーとゴリラの間くらいではないかと思います。

また、他の動物の握力に関して紹介した記事がありますのでこちらも併せてご覧ください。

コアラの握力が1トンというのは嘘?本当動物握力ランキングも紹介!

まとめ

チンパンジーは人間のように握力測定器を使うことができませんので、数値は推定のものになってしまいますが、それでも自身の体を手だけで支えて木や枝から移動できる力は相当なものがあると考えて間違いないようです。

気性の粗さとあわせると相当危険がありますので、たとえ動物園であっても不用意に近付くのはやめて、その園のルールや飼育員さんの注意をしっかり守りましょう!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(元気なチンパンジーの「ゆづる」) / YouTube(2012AiSeq1 14T G46MN)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加