大学のオンライン授業に参加するも受講者はまさかの1人。どうなるかと思いきや・・・

多くの学校で休校が続く中、徐々に浸透し始めてきたのが、ビデオ会議システムのZoomなどを使って行われるオンライン授業。

そんなオンライン授業に参加したところ、受講者はまさかの1人という事態に・・・。1対1でどうなるのかと思いきや、その後は意外な展開になったようです。

気まずい雰囲気を方向転換

いざ授業を受けようとZoomを起動したはいいものの、自分以外に受講者がおらず、先生と2人だったというたむらゲン(@jack_yakitori)さん。

そんな気まずい雰囲気を察知した先生が始めたのは、「雑談」だったそうです。

参加するかどうかは任意だという少人数制の授業だったようで、さすがに(予定されていない)マンツーマンはどうなのかな?と思いましたが、先生の機転をきかせた方向転換が功を奏しましたね!

雑談であれば、お互いに緊張感が緩んで気兼ねなく話せますし、たむらさんもご自身の好きな格闘漫画「喧嘩稼業」についての話しをされていて、楽しかったのだと思います。気づいたら1時間経っていた・・・という感じではないでしょうか(笑)

先生と1時間みっちり雑談をするという経験も、そうそうできるものではありません。どこか緩い感じになれるのは、オンラインで話す際のひとつのメリットですよね。

Zoomだと話やすいのかな?

Twitterでは「Zoomだと話しやすいのかな?」といった意見や、「楽しそう」という声が寄せられていました。

・1対1でも、Zoomだとお互いに話しやすいのかな? 
 
・超楽しそうですね! 
 
・「喧嘩稼業」面白いですよね。 
 
・自分も、こんな風になりそうな授業がある(笑)

通常の授業でもオンライン授業でも、それぞれにメリット・デメリットがあるかと思いますが、オンラインだと往復する時間がショートカットできる上、気軽に話しやすいというメリットもありそうですね!

ただ、オンラインでの授業はもちろん、打合せをするにしても、飲み会をするにしても、気が緩むせいか意外と時間が経過してしまっていた・・・ということには注意が必要ですね(笑)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@jack_yakitori)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事