空飛ぶタンカー!?大阪の海で目撃した不思議すぎる光景が話題に

私たちは時として不思議な自然現象を目の当たりにしますが、こんな光景は見たことがあるでしょうか!?

一瞬、自分の目や頭の中がバグってしまったのか?と勘違いしてしまうほどの光景が、Twitterで反響を呼んでいます。

まるで宙に浮いているよう

その決定的瞬間を撮影されたのは、Twitterユーザーのもりや(@moriya0108)さん。寝起きでトイレに行った時に目撃したそうです。

遠目に見えるのは、まるで宙に浮いているかのようなタンカー。遠目ではありますが、相当な大きさかと思われます。

たしかに起床直後にこんな光景が広がっていたら、寝ている間に目がおかしくなったのか?と思ってしまいますよね。

ちなみに撮影した場所は、大阪府泉南郡岬町にある道の駅とのこと。

こちらは平成29年4月にオープンした比較的新しい道の駅で、農産物鮮魚直売所やフードコート、展望テラスなどがあり、海を望めるスポットです。

浮島現象

今回の不思議な現象は、「浮島現象(うきじまげんしょう)」と呼ばれているもの。

海岸で遠方の島や岬を眺めた際、それらと海水面との境界が切れて浮き上がって見える現象で、蜃気楼の一種とされています。

海面が温かく、海面上に冷たい空気がある状態の時、そこを通過する光線が強く屈折することによって発生するそうです。

様々な条件が重ならないと見られない貴重な現象なだけに、もりやさんが起きたタイミングがバッチリだったということですね。

お手本のような蜃気楼

写真を見た人たちからはレアな現象が見られて「羨ましい」という声のほか、「お手本のような蜃気楼」と評価する声なども寄せられていました。

・瀬戸内海は毎年冬から春は浮島現象起きるんだけど、ここまですごい浮島は見たことないわ。お見事! 
 
・バクですねぇ。結構あるんですよ、再起動したら良くなるかもしれませんね。 
 
・こんなお手本のような見事な蜃気楼見た事ないです。実際に見られたのは羨ましいです。 
 
・空飛ぶタンカー!? 航空戦艦はあったが、航空タンカーは始めてだ!

これほど見事な浮島現象は、なかなか見られないようですね。この現象は全国どこの海でも見られ、比較的寒い時期に見られることが多いとされています。

海水は寒い時期でも温かいため、海面の上に冷たい空気が流れるという状況は冬の方が整いやすいですよね。

ふと海の方を眺めたら、空飛ぶタンカーを目撃できるかもしれません!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@moriya0108)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事