新人さんは電話に出てくれるだけで天才!という教育方針だった職場のエピソードが面白くて素敵

入社したばかりの新人の時は、電話応対に緊張や不安を感じますよね。その時のミスなどが原因で電話に苦手意識が芽生えてしまった…という人も多いのではないでしょうか。

Twitterユーザーのニゴウ(@GHEERITAN)さんは、前にいた会社が「新人さんは電話に出てくれるだけで天才!」という教育方針だった事を明かし、新人さんの電話応対にまつわるエピソードを紹介しています。

その内容が面白く、同時にとても素敵なんです。

こんな職場いいなぁ!

ニゴウさんの投稿がこちら。

詳細は分かっていなくても「男でした!」と自信満々に電話を回す新人さんと、ニゴウさんの対応。そして最後のオチ。面白すぎて吹き出してしまいました(笑)

また同時に、その場にあふれる超ポジティブな空気を想像して、素敵な職場だな〜!とほっこり。

新人の頃は電話応対に慣れていないため完璧にこなすのは難しく、先輩や上司に怒られるとなおさらパニックになったり緊張して、電話がどんどん怖くなってしまうんですよね…。

しかし、“新人さんは電話に出てくれるだけで天才!”という教育方針の下だったら、新人さんが電話を苦手に感じるどころか、得意です!と言えるまでに自信がつきそうです。これって結果的に、会社にとっても嬉しいことですよね。

取り敢えず場数を踏んで欲しかった

このエピソードには「そんなんでも電話に出ていいなら、電話を取るのが怖くないですね。」というリプライが寄せられており、この意見に多くの共感が集まっています。

それに対してニゴウさんは、「取り敢えず場数踏んで電話に耳を慣らして欲しかった」という理由を説明し、“竹槍戦法”だったと表現されています。

後ろに先輩や上司がついてるから大丈夫!と思えると、新人さんも心強いですね。

「オチで声出して笑った」「素敵だな」 

また、「笑った」「素敵」といった声が沢山届いています。

こんな職場で働ける新人さんは幸せですね!こちらまで明るい気持ちになりました。

今回の職場は素敵な職場でしたが、逆の職場の記事もあるので併せてどうぞ
「休暇は信用を消費して使うもの」会社側に言われた衝撃的な言葉に多くの反響が

有給休暇取得に対する「謎の罪悪感」「周囲の圧力」を一刀両断するツイートが話題に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@GHEERITAN)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事