八十八夜っていつのこと?なにをするの?十五夜とは関係ある?

八十八夜とは、農業に関する暦のひとつです。
夜のつく言葉に、十五夜や十六夜などがありますが、これらとは時期も異なりますし、直接の関係もありません。
八十八夜とは、立春から見て88日後のことなのですが、この時期を境に穏やかな気候になってくると言われています。

ここではそんな、夜のつく言葉「八十八夜」について解説していきます。

八十八夜とは

まずは、八十八夜という暦について解説していきます。

八十八夜は立春から88日後のこと

八十八夜があるのは、節分の翌日にあたる立春から数えて88日後です。

この八十八夜は春から夏になる季節の変わり目とされています。
ちょうどこの時期を境に、気候がだんだんと暖かく穏やかになってくるとされています。
そのため、霜も降らなくなるとされることから「八十八夜の別れ霜」や「八十八夜の忘れ霜」という言葉もあります。

暦の上での夏というと「立夏」の事ではないか、と思うかもしれません。
しかし、この立夏など二十四節という暦は古代中国で生まれたものです。
そのため、日本とは天候が異なり、差異もあります。
立夏もその一つと言えます。

この実際との差を調整するために日本独自の暦として生まれたのが、八十八夜をはじめとした「雑節」です。
他にも、節分・彼岸・土用といった雑説があります。

八十八夜はいつ?

八十八夜は前述のとおり、立春の88日後です。
立春があるのは、毎年2月の頭です。
前日が節分なので、多くの場合2月4日前後と考えて構いません。

八十八夜はその3ヶ月弱後なので、5月初旬という事になります。
多くの場合1日か2日、場合によっては3日になります。

以下で向こう数年分のの八十八夜をまとめてみました。

・2021年5月1日(土)
・2022年5月2日(月)
・2023年5月2日(火)
・2024年5月1日(水)
・2025年5月1日(木)

年によって前後するため、前年と一緒とは限らないという点に注意が必要ですね!

十五夜とは無関係

八十八夜という言葉は夜という漢字がついていることから、「十五夜」と関係があるように思うかもしれません。
しかし、八十八夜と十五夜の間に関係性は特に無いです。

十五夜とは秋の中頃、旧暦8月15日の満月のことを指しています。
立春から日数を数えた八十八夜とは用法が全く異なります。
また、旧暦で毎月16日の夜のことや十五夜の翌日の月を指す「十六夜(いざよい)」とも関係はありません。

八十八夜は気候の変わり目や境となる時期のことを指すのに対して、十五夜や十六夜は月のことを指しているわけです。

八十八夜には何をするの?

八十八夜には具体的に何をすると定められているわけではありません。
しかし、八十八夜は農業を始めるのに最適な時期とされており、農業に関するいわれがいくつかあります。                                     

農作業を始める目安

       
                      
八十八夜を迎えると霜が降りなくなるとされます。
春の寒かった時期から徐々に暖かくなり、農業をするのにも最適な時期となります。

そのため、八十八夜は古くから農作業を始める目安とされることもありました。

また、「米」という字を分解すると「八 十 八」となり、末広がりの八が重なります。
このことから、奇しくも同じく「八十八」を用いた八十八夜は縁起がいい日とされてきたそうです。
特に農業を始めるのにも縁起がいいとされ、別名「農の吉日」とも呼ばれています。

八十八夜に摘まれた新茶は縁起物!

茶摘歌に「夏も近付く八十八夜」とあるように、お茶と八十八夜には密接な関係があります。
ちょうど八十八夜のころに新茶は摘む時期を迎えます。

そして、この八十八夜に摘まれた新茶は、特に縁起物として重宝されています。
いち早く芽吹いた茶葉は、栄養成分や旨味成分をたっぷりと含んでおり、地域によっては「病気にならない」「長生きできる」などと言い伝えもあります。

八十八夜は特にこれと言った大きな行事があるわけではありませんが、お茶を飲んで健康祈願をするのが良しとされています。

八十八夜から生まれた驚きの記念日「メイストームデー」

みなさんは「メイストームデー」という言葉を聞いたことがありますか?
メイストームデーとは、日本の記念日で5月13日のことを指します。

このメイストームデー、なんの記念日かといえば、「恋人に別れ話を切り出すのに最適な日」とされています。

この記念日の起源ははっきりしていません。
しかし、このメイストームデーは八十八夜が発祥とされています。
「八十八夜の別れ霜」といった霜が降りるのが終わり、という天候から生まれたのではと考えられています。

なぜ八十八夜と同じ、5月の頭ではないのか。
それは、5月13日が2月14日のバレンタインデーの88日後だからなのか。

ちなみにメイストームとは、4月から5月にかけて温帯低気圧の発達により大風が吹く気象現象のことです。
メイストームデーは、そんな春の嵐にちなんで命名されたようです。

まとめ

八十八夜とは、立春から88日後のことです。
農作業を始めるのに最適な日とされています。
また、この日に摘まれるお茶は、縁起物として昔から重宝されてきました。

ちなみに旧暦8月15日に見られる満月を指す十五夜とは関係ありません。

関連記事はこちら

十五夜は有名だけど十三夜って知ってる?お月見は両方しないと縁起が悪い?

「十六夜」は何て読むの?その意味とは?月齢のひとつ「十六夜」を解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事