「子はかすがい」というけれど、かすがいってそもそも何?意味と併せて解説!

「子はかすがい」という言葉は、夫婦の仲が子供によってつなぎとめられることを指しており、夫婦の縁を例える言葉となっています。
この「子はかすがい」とは創作物などで見聞きする言葉ではありますが、そもそも「かすがい」とは一体何なのでしょうか?

そこでここでは、「子はかすがい」の意味から、この言葉に用いられている単語についても詳しく解説します。

「子はかすがい」とは

まずは「子はかすがい」がどういう言葉なのかを見ていきましょう!

「子はかすがい」の意味

「子はかすがい」とは、子供への愛情から夫婦の仲が和むことによって縁がつなぎとめられることの例えです。

どんなにお互いに気持ちがない夫婦であっても、子供が生まれることで絆が深まるような状況を指す言葉となっています。
簡単に言えば、子供が夫婦仲をつなぐ役割を持つという意味の言葉です。

「子はかすがい」の使われ方

夫婦は長い時間を過ごせば過ごすほど愛情が薄れてくることもあります。
そんな中、出産や育児を介してお互いの重要さやありがたさを感じることもあります。

「子はかすがい」という言葉は、そういった子供をきっかけに夫婦仲が良くなったことを表して用いられる言葉だったりします。
とはいえ、他人の家庭事情を知らずにこの言葉を使うのは避けましょう。

ポジティブな使い方とネガティブな用い方

「子はかすがい」はいい意味でも悪い意味でも使うことができます。

・「あの夫婦を見ていると『子はかすがい』だとつくづく思う」
・「子供ができて夫婦仲が良くなったことを思うと、まさに『子はかすがい』だ」
より夫婦仲がよくなった、改善したという意味合いで使われるポジティブな使い方がまずあります。

対して、ネガティブな意味でも使われます。
・「よく『子はかすがい』とは言うが、子供は夫婦をつなぎとめる道具ではない」
・「夫婦仲が冷え切っているので離婚したいところだが、子供の将来を考えると『子はかすがい』となってなかなか離婚に踏み切れない」
ネガティブな用い方では、子供がいいわけに使われてしまっています。

かすがいって何?

「子はかすがい」とはよく耳にするものの、そもそも「かすがい」とは何のことを指しているのでしょうか?

かすがいは釘の一種

「子はかすがい」にある「かすがい」は漢字で「鎹」と書きます。

これは建材同士をつなぎ合わせる際に使用される釘の一種です。
特に両端が曲がり「コ」の形状になった釘のことで、戸締りの掛け金などのことを指す言葉でもあります。

この「かすがい」が人と人とをつなぎとめるものの例えとして使用されるようになり、一般にも広まったとされています。
建物などをつなぎ合わせるのに非常に便利なため、その使われ方になぞらえて、子供がいないと成り立たない家庭を指して言うようになったそうです。

かすがいを用いたことわざは他にも

「子はかすがい」だけではなく、実は他にも「かすがい」という言葉が用いられていることわざもあります。

豆腐にかすがい

「豆腐にかすがい」とは、手応えがないことを指す言葉です。
効き目などがまったくないことの例えとしても使われることが多く、これらの言葉は「糠に釘」や「暖簾に腕押し」と同じ意味を持ちます。

この言葉の場合は単に釘を指して用いられています。
「豆腐にかすがい」は豆腐に釘をいくら打ち込んでも意味がないことから、まったく手応えがないことなどを指すようになったそうです。

「子はかすがい」の類義語

ここからは「子はかすがい」と同じように、子供が夫婦仲を取り持つような関係を指す言葉について解説します。

縁の切れ目は子でつなぐ

「縁の切れ目は子でつなぐ」とは、夫婦仲が冷え切ってしまっても子供がいれば縁を繋ぎとめてくれるということを意味しています。
ただ、この場合は子供によって家庭が円満となったことを指す反面、離婚したくても子供を理由に離婚しないといったネガティブな状況で使われることもあるので注意しましょう。

子は縁つなぎ

「子は縁つなぎ」とは、子供が夫婦の縁をつなぐという意味です。
これらの言葉は「子はかすがい」とほとんど同じ意味を持っており、子供を介して夫婦が仲良くなった際などに用いられます。

もともと関係が悪化していた夫婦が子供によって関係を取り戻すことなども表すため、基本的にはポジティブな使われ方をします。
その一方、逆の意味でも使われることがあるため注意してください。

まとめ

「子はかすがい」は子供への愛情から夫婦仲もより良くなっていくことを指しており、ときにはおしどり夫婦などを意味したりします。
ただし、「子はかすがい」はどちらかというと子供がいることによって、夫婦仲がより良くなった、もしくは改善されたことを指すこともあります。

どちらにしても子供は夫婦にとって宝物ということですね!
くれぐれも子供たちの前では喧嘩などせず、ニコニコと穏やかな家庭環境で育てたいものです。

関連記事はこちら

おしどり夫婦という言葉の意味と、本当のおしどりの生態のギャップとは?

11月22日は「いい夫婦の日」・・・一体何をすればいい日なの?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事