釣鐘状の花を咲かせる「ホタルブクロ」の名前の由来や花言葉をご紹介!

ホタルブクロは、キキョウ科ホタルブクロ属の植物です。
その花は、釣鐘状をしています。

このホタルブクロ、その名前はこの花を使った子供たちの遊びから来ているとされます。
そこでここでは、風変わりな名前を持つホタルブクロについて、どのような花なのかをご紹介するとともに、名前の由来や語源、花言葉について解説します。

「ホタルブクロ」とは

ホタルブクロは、キキョウ科ホタルブクロ属に分類される多年草です。
まずは、ホタルブクロがどのような花なのかについてご紹介します。

「ホタルブクロ」の開花時期

ホタルブクロの開花時期は、6月~7月とされています。
毎年夏になると釣鐘を思われる筒状の綺麗な花を咲かせます。

日本や中国など東アジア原生の植物とされていることから、日本では自生している姿を見ることができます。
国内の分布域も広く、北海道から九州までの野山や丘陵の斜面などで咲いている姿が確認されています。

別名は「チョウチンバナ」や「アンドンバナ」に「ツリガネソウ」という、見た目にちなむものが多くなっています。
また、「アメフリバナ」と呼ばれることもあります。

「ホタルブクロ」の姿

ホタルブクロの花は、釣鐘状と呼ばれる袋のような形状をしています。
一般的に、多くの花は太陽光を少しでも浴びられるように空を向いています。
しかし、ホタルブクロの多くは垂れ下がるよう下に向かって花を咲かせます。

名前の由来は開花時期の遊びから

「ホタルブクロ」という名前は、昔の遊びが語源となっています。

ホタルブクロの開花時期と同じくして、繁殖期を迎え夜を照らすホタル。
このホタルを捕まえた際、ホタルブクロを花の中に入れることで袋代わりとして、蛍狩りを楽しんでいたのだとか。

ホタルブクロにホタルを入れると中で光っている様子が透けて見えるところから、このような遊びが広まったとされています。
このホタルの持ち運び方と楽しみ方を両立したホタルブクロの使い方から、ホタルブクロと名付けられたのだとか。

また、花の形状が提灯に似ていることから、提灯を表す古い言葉「火垂(ほたる)」を由来とする説もあります。

「ホタルブクロ」の花言葉

ここからはホタルブクロの花言葉をご紹介します。

全般的な花言葉

ホタルブクロの全般的な花言葉は「正義」「忠実」「貞節」「愛らしさ」となっています。

どの花言葉も全体的に真面目な印象がありますね。
これらの花言葉はホタルブクロの特徴から来ているとさてます。

花言葉の由来

ホタルブクロの花言葉である「正義」「忠実」「貞節」は、ホタルブクロの姿から来ているとされます。
ホタルブクロの花の形状は、教会の鐘を連想させます。
そんな教会の穢れのない神聖なイメージから付けられたのが「正義」や「忠実」に「貞節」という花言葉です。
また、落ち着いた色合いが清楚なイメージがあること、下を向いて咲く花が「口の堅さ」を連想させることから、全体的に真面目な印象の花言葉がつけられています。

「愛らしさ」という花言葉は、ホタルブクロのふっくらとした袋のようなふくよかな印象による元とされています。

似た姿をした「カンパニュラ」との違い

ホタルブクロと見た目が似た花にカンパニュラというものがあります。

「カンパニュラ」はホタルブクロの一種

姿がとても似ているカンパニュラは、キキョウ科ホタルブクロ属に分類されていますので、ホタルブクロの一種という事になります。
ですから、その見た目はホタルブクロにも通ずるものがあります。

しかし違いもあります。
それが花の咲く向きです。
一般的なホタルブクロは下を向いて咲きます。
それに対してカンパニュラは、横や上を向いて咲きます。
これが両者の大きな違いといえます。

また、カンパニュラは地中海沿岸が原産とされているため、日本や中国を原産とするホタルブクロとは自生する環境も違います。
それらの違いから、カンパニュラとホタルブクロは仲間ではあるものの違う花と認識できます。

「カンパニュラ」の名前の由来

カンパニュラはラテン語で小さな鐘を意味する「campana」が語源とされています。
なお、英語ではベルのような花という意味で「bellflower」と呼ばれることもあるのですが、同名の植物は他にも十数種以上あるのだとか。

「カンパニュラ」の花言葉

カンパニュラの花言葉は「感謝」「誠実」「節操」です。
これはホタルブクロと同じように全体的に真面目な印象の花言葉が多いのが特徴となっています。

ただ、特筆すべきは「感謝」という花言葉あることですね。
開花時期とされる5月~7月には、ちょうど母の日や父の日があります。
そのため、贈り物としてカンパニュラを選ぶという人もいるのではないでしょうか。

まとめ

ホタルブクロは、釣鐘状の花を咲かせる植物です。
その名前の由来は、かつてホタルを捕まえた際にホタルブクロの花の中に入れていたことから来ているとされます。。

似たような花に「カンパニュラ」という種がありますが、この花もホタルブクロの一種とされています。
しかし、ホタルブクロが日本や中国を原産地とするのに対し、カンパニュラという花は地中海沿岸部といった南ヨーロッパ原産とされています。
また、下向きに花を咲かせるホタルブクロと違い、カンパニュラは横向きに花を咲かせるそうですよ。

関連記事はこちら

トルコキキョウの花言葉は?実はトルコ原産でもキキョウでもない!

6月21日は父の日!母の日はカーネーションというように定番の贈る花はあるの?

ありがとうの花言葉を持つ花は?感謝を伝える為に贈るのに適した花を紹介

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事