「匹」と「頭」という動物の数え方の違いは何?成り立ちと対象を解説!

動物の数え方はいくつかありますが、よく使われるのは「匹」や「頭」です。
この数え方は、成り立ちによる違いと使い分けがなされています。
時系列としては匹という数え方がもともとあり、そこから頭という数え方が広まったとされています。

ここでは、そんな動物の数え方についてまとめます。
どんな動物に「頭」や「匹」を用いるのか見ていきましょう。

動物の数え方「匹」

まずは「匹」という数え方について見ていきましょう。

「匹」は動物のお尻から

「匹」という漢字は、動物のお尻から来ています。

古くから人間の生活に役立つ存在とされてきた家畜。
その家畜の中でも、馬は車を引かせたり農耕をさせたり、重宝されてきました。

その結果、馬のお尻を眺めることが多くありました。
誰もが知る通り、馬のお尻は2つに分かれていますよね。
そこから2つに割れたお尻を持つ動物を匹で数えるようになりました。

「匹」という数え方は、馬のお尻から来たというわけですね。
それ以降、動物全般を匹で数える習慣が定着したとされます。

また、同じ理由で2つで1つのものをあらわす単位や言葉としても「匹」は用いられてきました。

「匹」と数える動物

「匹」で数える動物は多くいます。

語源としていうなら、原則として動物全般を数えるときの数え方は「匹」で問題ありません。

現在では、小型の動物など、人が抱えることができるサイズ感の動物はすべて匹で数えます。
小型犬や猫などは「匹」で数えるという事になります。

動物の数え方「頭」

次に頭という数え方について見ていきましょう。

英訳から来た「頭」

「頭」という数え方は、そのまま動物の頭から来ています。

この数え方は比較的新しく、明治時代以後に日本で広まったとされます。

アメリカなどでは、馬などの動物を"head"と数えていました。
これは、放牧などしている際に、牛は頭が何個あるという意味で"〇head"と数えられていたのが由来とされます。

そして明治時代、日本で英語が広まる中で、この"head"という数え方は、単語の意味から「頭」と直訳されました。
この英語からきた「頭」という数え方が、日本中に広まったことで現在の用いられ方に発展しました。

「頭」と数える動物

「頭」で数える動物は大型動物に限定されます。
人間よりも大きな大型動物などが対象となります。

特に人が抱えられないような大きさのある動物を「頭」で数えます。

なので、語源的には馬は「匹」のようにも思いますが、大型の動物なので「頭」で数えられます。
牛なども同じです。
また、人が抱えることのできない大型犬も「頭」で数えられる傾向にあります。

また、盲導犬のように人間のために働く存在も一部「頭」で数えられます。

特殊な数え方をする動物

動物は小型なら匹、大型なら頭で数えると解説してきました。
しかし、動物によっては固有の数え方があります。

ここからは、そのような特殊な数え方についてご紹介します。

ウサギはなぜ「羽」と数えるの?

ウサギは、1匹や1頭ではなく1羽と数えます。

これは仏教の教えから来ているという説があります。
仏教では、4本足の動物を食べることが禁じられている時代がありました。
そこで僧侶たちは、大きな耳を羽だとし、二本足で立つこともあることから、ウサギを鳥の仲間だとして食べていたのだとされます。
このことから、ウサギは鳥の仲間なので「羽」と数えられるようになったのだとされています。

また、昔は束ねたものを「把」と数えていました。
そしてウサギもまた、捕まえると耳を掴んでいたことから「把」と数えられていたのですが、しだいにこれが「羽」に変化したともいわれています。

クジャクの数え方は「面」

クジャクは羽だけではなく、「面」と数えることもあります。
これはクジャクの飾り羽を広げた姿が、扇に似ているところから来ています。

扇の数え方が「面」なので、それに合わせてクジャクを「面」と呼ばれる事もあります。

まとめ

動物の数え方にある「匹」や「頭」。
「匹」という数え方は、馬のお尻から来ているとされます。
「頭」は、英語での牛などの数え方から来ているのだとか。

現在では、「小型動物は匹」、「大型動物を頭」と数えるのが一般的とされています。

関連記事はこちら

イカの数え方は「杯」とは限らない!他にもある数え方とその使い分け

2000年は20世紀?それとも21世紀?わかりにくい世紀の数え方を解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事