「1K」や「1M」といった金額の表記・・・これっていくら?お金にまつわるスラングを解説!

お金の表記において近年、1Kや1Mという表記を見かけますよね。
この1Kや1Mはもともとネットのスラングから生まれた言葉です。

しかし、近年ではSNSのフォローやフォロワー、動画サイトの再生数などの表記にも使用されています。

そこでここでは、はそんな1Kや1Mという単位について解説します。

「1K」はいくら?

まずは1Kがいくらなのかを見ていきましょう。

「1K」=千円

「K」という表記は1,000をあらわします。
なので1kは千円という事になります。
10Kなら10,000円となります。

「K」を使った金額表記の一例を他にも見てみましょう。

・15K:15,000円
・250K:250,000円

これらは状況によって小数点を用いた表記もされることもあります。
そのため、以下のような金額表記もあります。

・0.5K:500円
・1.8K:1,800円

このように1,000を基準に表記する単位が「K」です。
計算方法はとても簡単で、Kの前にある数字に1,000を掛けるだけです。

「K」が使われる由来

「K」というのは一種のネットスラングです。

このKが使われるようになった理由は文字数にあります。
書き込むのに文字数に制限があるwebサイトもあります。
そのため、文字数を調整しなくてはなりません。

そこで生まれたのが「K」という単位です。
「K」はkgやkmのキロから来ています。

実際に1,000と入力するよりも1Kと書いた方が文字数も少なく済みますよね。

また、「0」を連続入力すると入力ミスで本来よりも桁が増えたり減ることもあり得ます。
それにあらゆる入力の手間を省くためにも略せるものは略したいと思うのが人間というものです。

そのため、金額など桁数が多い数字が使われる際は「k」という表記が生まれ使用されているのです。

「1M」はいくら?

次に1Mがいくらなのかを見ていきましょう。

「1M」=100万円

「M」という表記は1,000,000をあらわします。
そのため1Mは百万円となります。

「M」を使った金額表記をいくつか見てみましょう。

・150M:150,000,000円
・1.5M:1,500,000円

「M」でも小数点を用いた表記がされます。
その場合、小数点第一位つまり1o万円の桁程度までの仕様にとどまることが多いです。
もちろん1万円の桁となる小数点第二位以下にも使用して問題ありません。

「M」が使われる由来

「M」もまたネットスラングとして用いられています。
「M」という表記は、100万をあらわす単位「ミリオン」もしくは「メガ」から来ています。

1,000,000円と入力するよりも断然楽ですし、恩恵はkよりも大きいかもしれません。

お金にまつわるスラング

ここからはお金にまつわるスラングについて見ていきましょう。

10億円は「1G」?

M以上の単位には、10億をあらわす「G」、1兆をあらわす「T」などもあります。
これらは「G(ギガ)」「T(テラ)」という単位から来ています。

とはいえ、これらはあまりにも桁が大きく日常生活では使われません。
そもそも個人で取り扱う金額ではなくなります。

1万円のスラングは

1万円をあらわすスラングに、「諭吉」があります。
これは、1万円札の絵柄が福沢諭吉であるところから来ています。
そこから1万円を1諭吉、2万円を2諭吉などと表現することがあります。

単純に高い買い物をした際に「諭吉が飛んでいく」などと表現する人もいます。

しかし、2024年から1万円札の肖像は渋沢栄一に代わります。
そうなったら、今後は1栄一や「栄一が飛んでいく」などに表現が変わるかもしれません。
もしかしたら1A1や2A1と表現する人も出てくる・・・かも?

「K」や「M」は他の数値にも使う

「K」や「M」は、現在では金額の表記以外の場所でも用いられています。

特にSNSのフォロー数やフォロワー数などは「K」や「M」の表記となることがあります。
また、YouTubeやTikTokなど動画再生数なども「K」や「M」でカウントされる事もあります。

まとめ

1Kや1Mはお金の単位をあらわすネットスラングです。
Kは千円、Mは百万円をあらわす記号となっています。

元は1,000をあらわす「kg」や「km」にもちいられる「K(キロ)」と、ミリオンもしくは「M(メガ)」を由来とするとされています。

スラングなので使用は好まないという人もいるかもしれません。
ただ、SNSなどのwebサービスではデザインの省スペース化も図れるので便利に利用されているようです。

関連記事はこちら

1ccと1mlの違いは?同じ量なのに単位が違う謎は元々の由来に隠されていた!

1インチは何cm?TVのサイズ表示にも使われている長さの単位「インチ」について解説

日本人には分かりづらい単位「ダース」が実は優しい単位だという説明に妙に納得!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事