【漫画】オチまでの流れが完璧すぎる・・・「調律師さんが来た時にかいた大恥」のエピソード

※こちらは、2019年10月31日に公開した記事を再編集したものになります

ピアノの調律師さんが自宅に訪問された際、とんでもない大恥をさらしてしまったという出来事。
その様子をTwitterに投稿されたマンガをご紹介します!

その流れはまるでコントのよう

投稿されたのは、Twitterユーザ-のせなん(@senan0302)さん。
こちらが投稿された作品です。

出典:Twitter

 

出典:Twitter

 

出典:Twitter

 

出典:Twitter

  
隣りで寝ていたという、せなんさんのお母様。
すごい絶妙なタイミングでのオナラですよね。

せなんさんの焦る気持ちも手に取るように伝わってきますが、何よりも調律師さんが冷静で素敵です。

そして、この流れの全てがまるでコントのような仕上がりときたら・・・。
最後の調律師さんの「ラ」という発言。
さすがの絶対音感でオナラを音階で表現!

機転がとてもきいていてユニークですよね!
最高のオチだと思います。

絶妙なコンビネーション

寝ているがゆえに、隣りの部屋で何が起こっていたのか知る由もないお母様。
お母様のオナラで四苦八苦するせなんさん。
そして、すべてを優雅に受け止めてスマートなオチをつけてくれた調律師さん。

絶妙なコンビネーションがあってこそ成り立った出来事でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事