子ども同士のトラブルに親が対応するのは仕方のないことですよね。
相手に迷惑をかけているにもかかわらず、謝罪をしない親御さんがいたらモヤモヤしてしまうのでは…?

そこで今回は きちんと謝って欲しいエピソードをご紹介します。

嘘つき

息子が年中の時、同じクラスの女の子がよく「妹がもうすぐ生まれる」「昨日妹が生まれた」と言っていたので息子がその子のママに「あかちゃん生まれるの?」と聞いたら「生まれないよ?なんで?」と言われたそうです。

翌日息子がその子に「嘘つき」と言ったら喧嘩になり、顔に傷を負ったので幼稚園から連絡があったのですが…
相手の親からは何の謝罪連絡もなく、幼稚園で会ってもなぜか逃げられると意味不明な行動をされました。

ほかのママに聞いたら私の息子がプライベートなことを聞いたのがいけないと言っていたそうです。
その子の言動には理由があるのだなと思いました。

(39歳/専業主婦)

子どもの不始末に…

息子が小学校1年生の頃の体験です。
同じクラスの男の子が頻繁に遊びに来るようになりました。

その時は「仲良しのお友達が出来てよかったな。」くらいにしか思っていませんでした。
しかし毎日のように来るようになり、帰る時間も18時を過ぎたり、酷い時にはランドセルを背負ったまま来たり……

さすがにその時はちゃんと家に帰って、ランドセルを置いてきなさいと言いました。
その他にも色々とやらかされ、困った我が家は担任の先生に相談する事に。

しかしその子の親は謝罪などもせず、「子どものしたことですから〜」で終わり。
本当にこんな人が居るんだな〜とびっくりしたものです。

今では自然と遊ばなくなりましたが、正直ほっとしています。

(33歳/会社員)

いかがでしたか

子どものしたことでも相手に迷惑をかけたのなら親として謝罪して欲しいですよね。
親の背中を見て育つと言いますから、子どもの前ではお手本になるような行動をしたいものですね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

【漫画】「いい息子すぎる」「息子さんに拍手」離婚でどちらかの親を選択することになった息子は…“ダメ嫁なんかじゃない…!スカっとする話”

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事