血液型×生まれ順で相性を占うと、相性を良くするためのポイントも見えてきます。
本記事では、血液型×生まれ順の「仲が悪くなりがちな相手」ランキング5〜1位を見ていきましょう。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

5位 AB型第一子×B型間っ子

几帳面でこだわりの強いAB型第一子と、大雑把で細かいことは気にしないB型間っ子。
本来もっている性質が正反対なため、一緒にいるとイライラして仲が悪くなりがちな相手です。

お互いに、ほど良い距離感を保つことが大切になります。
最低限のルールを決めて守るようにしましょう。

4位 A型末っ子×O型一人っ子

一度決めたことは曲げたくないA型末っ子と、気まぐれで行き当たりばったりに動くO型一人っ子。
相手のことが理解できないため、仲が悪くなりがちな相手です。

お互いに、相手の言動をありのままに受け入れることが大切といえます。
必要以上に相手の言動に口を出さないようにするといいでしょう。

3位 AB型間っ子×A型第一子

超マイペースなAB型間っ子と、常に周りのことを考えて動くA型第一子。
長く一緒にいると噛み合わない部分が大きくなり、仲が悪くなりがちな相手です。

噛み合わなくなってきたら、一旦距離をおいてみてください。
常にフラットな状態を保つといいでしょう。

2位 AB型一人っ子×O型間っ子

何事も納得がいくまで突き詰めたいAB型一人っ子と、何事もさっさと進めていきたいO型間っ子。
物事を進めるペースが著しく違うため、仲が悪くなりがちな相手です。

お互いに、自分のペースを守りつつ相手のペースを尊重してください。
何事も各々のペースで進めるようにしましょう。

1位 AB型末っ子×B型一人っ子

自分のやり方を貫くAB型末っ子と、自由奔放なB型一人っ子。
お互いに譲る気持ちがないため、仲が悪くなりがちな相手です。

お互いに、我を抑えて接することが大切になります。
「相手を立てることで自分の評価が上がる」ということを意識して動くといいでしょう。

血液型×生まれ順の「仲が悪くなりがちな相手」ランキング5〜1位をご紹介しました。
ぜひ本記事を参考に、苦手な人との相性を改善しながら人間関係を充実させてくださいね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<12星座別>主役は誰?!2022年上半期の“幸運星座ランキング”

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事