大事な結婚式で絶対に避けたいのが遅刻。
前日から準備したり、早めの行動をしたりして時間に余裕を持って行動したいところですよね。

そこで今回は結婚式であたふたしてしまったエピソードをご紹介します。

急いで結婚式に向かっていたら…

結婚式当日に寝坊してしまい急いで家を出発しました。
ですが、家を出て20分くらい経ったところでスマホを忘れたことに気付き、取りに帰ってる途中で白バイにシートベルトで捕まってしまったのです。

急いで処理をしてもらい、家に向かっていたのですが警察署の前でまたしてもシートベルトで捕まりそうになりました。
2回目はシートベルトをしていたのにも関わらず、私が上着を抱き抱えていたので装着状態が見えにくく、シートベルトをしていないと思ったみたいでした。
(35歳/専業主婦)

結婚式の日程を間違えて…

自分の結婚式の話です。
招待したAさんが式の途中から来ました。

あとで他の友達から聞いた話では、Aさんは式の日を1日間違えて仕事に行っていたとのこと。
「遅いなあ」と思った友達が電話をしてくれて、日を間違っていたことに気づき、慌てて家に帰って着替えて式場まで来てくれたようです。

式が始まる寸前まで仕事をしていたわりには早い段階で参加できていたので、その速さが逆にすごいと思いました。
(48歳/主婦)

義母が…

私の結婚式当日。
1週間前に義母から「タクシー手配するから夫婦で式場に行ってね」と言われて当日待っていましたが、30分待ってもタクシーが来ませんでした。

義母に確認するとなんと手配するのを忘れていたとのこと!
慌てて義父に送ってもらいなんとか会場入りしましたが、自分たちの結婚式に新郎新婦で遅刻するところでした。
(32歳/会社員)

いかがでしたか

自分の結婚式で遅刻なんて、夢だったと現実逃避しちゃいそう…。
結婚式当日は、交通手段も抜かりなく準備した方がよさそうですね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

スルーすべき…?夫がネックレスを調べていることに違和感を抱いた私は…?!【真面目な夫にエグい浮気をされた話】<Vol.1>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事