転職や就職で「そんなことあるの?」と衝撃を受けた…、なんて経験はありますか?
今回は実際に合った“転職・就職で起きた衝撃事件”を3本、ご紹介します!

面接官は…

就活の時の話です。
第1希望の会社の二次面接で出会った面接官が、なんと学生時代のバイト先の常連さんでした。

個人経営の会社だったこともあり、アットホームな雰囲気の中での面接。
「酔っ払って恥ずかしいところを見せちゃったね」と言われ、その場で採用してもらいました。

世間は狭いなぁと衝撃を受けました。
(28歳/非常勤講師)

いつも私のそばには理事長がいて…

就活の時、なぜか私の面接官は理事長で、しかもマンツーマンでした。
初めての就活で、私はド緊張してしどろもどろ…。

それでも何とか合格しました。
しかし、内定式の食事の際も席は理事長の隣。

「他にもたくさん新入社員はいるのに…」と思っていると、なんと理事長は私を推薦して下さった恩師の登山友達ということが判明!

私のことを事前に色々と聞いていたらしく、話がしてみたかったそうです。
「それならそうと、最初から言ってくれ!!」と、心から思いました。
(28歳/専業主婦)

採用されたのに…

友人の双子のAとBは同じ会社を受けました。
しかしAは合格し、Bは不合格。

Aが出勤すると、上司から「誰だ?」と言われたのだそう。
いろいろと確認すると、なんと合格したのはAではなくBだったことが判明!

同じ顔をしていて、名前も似ていますが、こんなことってあるんだな…と衝撃でした。
(28歳/兼業主婦)

いかがでしたか

驚くような出来事ばかりですね…。
「世間は狭い」というのは、本当なのかもしれません。

以上、衝撃を受けた就職・転職での事件でした。
次回の「転職・就職で起きた衝撃エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

まさか警察沙汰になるなんて…<浮気に溺れたヤバい元カレの話>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事